シナリオフラグ管理は大変

20120110_220730.png
コモンが埋まってきてやばいです。
基本システムに乗っけているので、使わないコモンを削れば多少軽くなるかもです。


シナリオフラグリスト作ってイベント全部仮組みするのに丸三日かかりました。先が思いやられます。
シナリオフラグ用のコモンってあんまり見たこと無いですが
今回作ったシステムに汎用性を加えれば需要はあるかなぁ、と思ったのでちょっと書いてみます。

現在の仕様としては、
【CDB】
・フラグリスト形式でバンバン書き込んでいく
・接続元Evとそこからの必要日数・CDBから指定できる追加条件を格納
・既読かどうかはDBに保存
【通常変数】
・クリア日数格納
【コモン】
・返り値は -1:既読スキップ 0:フラグ立つ 1:条件満たさない
・ログ書き出し機能つき
ってところです。
「既読かどうか」は書き出したログから文字列で判定した方が早かったかもしれません。
「条件を満たしてはいるが既読の場合」(周回を想定)はコモンで判定すると自動的に「スキップしますか?」が表示される仕様なのでここはなんとかした方がいいかもしれません。

このシステムの特徴は「このイベントを行う前にやるべきイベント」を設定できることです。
これに加えてアイテム所持数などの条件が必要なら追加条件で指定できます。
日数にリアル時間を入れて栽培イベントを作るのも面白いかもしれません。「種まき→芽が出る→収穫」の流れを繋げば多分できるはず。

「条件を満たさない」場合をもっと細かくしたり、追加条件に通常変数や予備変数を使えるようにしたり、
コモンで通常変数を使わなければもっと汎用性出るかもしれないですが、
一般的なフラグ管理の仕方がイマイチ分からないのでなんともかんとも。
どうすればコモンとして汎用的に使える形になるんだろう、と悶々としています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。