ウディタでのシナリオフラグ管理を簡単にしてみる

前にちょこちょこ作ってたコモンが一応完成形になったので、
使い方を書いてみます。

イベントバラバラ状態

ウディタって、なんにもしてない状態だと
シナリオフラグの管理がしにくいんですよね。
このイベントの条件なんだっけ、とか。どこからこのイベント繋がってるんだっけ、とか。
私も一回ぐっちゃぐちゃになってエターなったことがありました。


イメージ

そこでこんな風に構造化してしまおうというのがこのコモンとDB

シナリオというのは一応一つ一つのイベントの間に何らかのつながりがあるのが普通だと思うのですね。
川に行く→桃が流れてくる→割る→子供が出てくる、みたいに。
この形でフラグを整理してみようというコンセプトです。

もちろん、一本になっていなくて、
複数のラインがあるとか、分岐・合流するシナリオにも対応できます。

これをやるには頭の中である程度シナリオができている必要がありますが、
フラグ管理自体はだいぶ楽になるのではないかと思います。



久々に人様の役に立てそうなコモンができたので張り切って画像つき導入説明書を書いてしまいました。
ウディタのサンプルゲームを題材に説明させていただきます。
導入のしかた
【DB側の設定】
手順1
・可変データベースのあいているところにフラグリスト.dbtypeを読み込みます


手順2
・「タイプの内容設定」を開いて、項目名2「接続元のフラグ」の「▼特」を開いてください
 「可変DB のタイプ『○○』番」のところを、フラグリスト.dbtypeを読み込んだタイプ番号に書き換えてください。
 (例:21番に読み込んだらタイプ21に書き換える)


手順3
・全シナリオフラグをフラグリストに打ち込みます。フラグ名は「数字だけのもの」「まったく同じもの」を避けてください。
 一旦csvに書き出してエクセル等で打ち込むと楽でしょう


手順4
・シナリオフラグを接続していきます。「接続元のフラグ」を入力してください
 (例:Aイベントが終わったらBイベントへ…という場合、Bイベントの接続元にAイベントを指定)
もちろん、前のフラグと何のつながりもなければ「なし」のままでかまいません。



【コモン側の設定】
手順5
・コモンイベントのあいているところにフラグチェッカー.commonを読み込みます。
・「入力の数/結果を返す」のところの「設定」を開いて、数値1の参照データベースを先ほどと同様にフラグリスト.dbtypeを読み込んだタイプ番号に書き換えてください。(例:21番に読み込んだらタイプ21に書き換える)



【イベント側の設定】
手順6
・フラグを立てたいイベントでコモンを呼び出します。「フラグチェッカー」を名前で呼び出ししてください。
 呼び出したいフラグと「やること」を設定します。「やること」は普通は1のままでいいと思います。
・返り値をイベント側の好きな変数に読み込んでください。返り値が0以下ならフラグが立つときのイベントを用意、 それ以外なら通常時のイベントを用意します。





もう少し具体的な使い方については追記で。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。