ウディタ作品用のエクスプローラを作ってみる(ベータ版)

Wodit Explorer ver.2012-12-19 New!!
・Windows付属のエクスプローラで開く機能を追加しました



今回は、ゲームを遊んでくださる人のためのツールを。

Wodit Explorer ver.2012-11-30



フォルダ内のファイルを操作するようなゲームを作ってた時に、管理用ソフトをHSPで作ってたんですが、
その副産物です。
まだβ版ですが、とりあえず公開。

ウディタ製のゲームが大量にあるぞおおおッ、って時、
いちいちフォルダを開いて中身を確かめて…なんてやってるのは面倒ですよね。
また、readmeや操作説明書もいちいち開くのは面倒です。
そこで、フォルダの内容確認とゲーム起動が簡単にできるエクスプローラをHSP3.31で作ってみました。
ウディコン・ウディフェスなど、まとめてゲームをする機会にオススメです。

ウディタ製ゲームを想定して作ったものですが、「Game.exeがあれば起動できる」という仕様上、ツクールXPやVXとも多分相性いいです。
紅白RPG合戦2のお供にいかがでしょう。

メリット
・そのフォルダにある画像とテキストが表示されるので、ゲームの内容がすぐ分かる(画像がない場合はタイトル画面のスクリーンショットを撮っておくのがオススメ)
・Readmeなどがすぐ読める(いちいちファイルを開いて確認せずに済む)
・その場でゲームを起動したりコンフィグを開いたりできる

使い方
・解凍したWodit Explorerのフォルダを好きなところに置きます
 (ゲームをまとめて入れてるフォルダがあればそこに一緒に入れておくのがオススメです)
・WoditExplorer.exeを起動し「参」とか「上」とかフォルダリストを押してゲームのあるフォルダを探します
・ゲームが起動できる場合は「Game Start」ボタンが押せるようになります。

エラー落ちについて
たまに「エラー13」(画像ファイルがない)が出て、ソフトが終了してしまうようです。画像ファイルがあることを確認しているのに…???状態です。
ただ、今のところスクショを見ただけで落ちたことはない(フォルダの深いところまで見ようとしたら落ちる)ので、普通に閲覧する分には問題無いと思います。
もしよろしければ、下のアンケートにお答えくださると原因特定に役立ちますので宜しくお願いします。





その他不具合、エラー、改善案、追加して欲しい機能などありましたらこの記事にコメントをお寄せください。





他の方のウディタによるウディタ用エクスプローラ(素材管理が主です)もご紹介します。

・Warehouse for Woditor(火ねずみユノさん)
火ねずみの宿

・狼wolf tools(そうちさん)
Woditor Festa -Wodifes-(作品no.27)

・UM Explorer(webshiftさん)
webshiftの無駄話 | UM Explorer

・SSK Music Player(ししくさん)
スギテル日和 SSK Music Player Ver1.0公開
スポンサーサイト

Comment

ちょっと使わせていただきました。
バージョン管理にも使えそうですね。

仰るとおり内部エラーで落ちます。
アルファ有り無しに関わらず、少ない数のインデックスカラーのpngで落ちるようです。
元々の「合成用.png」をGimpで保存し直すだけでエラーになるので、Gimpのインデックスが下手なのかも知れません。
色数が多いと問題ないようです。


投票ミスってすいません、
誤 どちらもなかった
正 png画像あり
  • 2012/12/01 16:59
  • ひげ
  • URL
Re: タイトルなし
>ひげさん
コメント・ご報告ありがとうございます。

ご指摘いただいたので落ちるファイルと落ちないファイルを比較してみると、
インデックスの違いというのは確かに関係していそうです。
しかし、手持ちのPhhotoshop Elements 2.0 で2色まで減色したファイルだと問題なかったので、
単純に色数の違いとは言い切れなさそうです。
もしかしたら圧縮方法の違いなのかもしれませんが、
それだと判別が難しそうですね。

ピクチャを表示するやり方自体を変えてみればなんとかなるかもしれませんので、
方法を探してみます。
貴重なご報告ありがとうございます!
  • 2012/12/02 16:16
  • たては
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。