近づくほど高い数値を返すコモンできたよー

近づくほど高い数値を返すコモン(ウディタ公式サイトコモン集)

接触範囲を拡張したマップイベントで、たとえば「近づくほどBGS/BGMの音量が大きくなる」なんてことができます。こんな感じに。
設定例
他にもフキダシ型メッセージの表示/消去とか、近づくと明かりがついてだんだん明るくなるランプなんかにも使えると思います。

イベントとの距離がゼロなら最大値、離れるほど小さな値を返します(接触範囲の縁は必ず-1を返します。消音や消去処理のため)

中心については以下の4通りから選べます。
0:EV半径最大
0EV半径最大
そのイベントの接触範囲の長辺を一辺とする正方形の対角線の長さを基準として算出します。
もともとの矩形の範囲にきちっとおさまる感じ。

1:EV半径最小
1EV半径最小
そのイベントの接触範囲の短辺を基準として算出します。
擬似的に円形っぽくなるので接触範囲の補正としても使えるかも?

20:EVからヨコ一列
20EVからヨコ一列
真ん中の横ラインから縦に広がる感じで設定できます。
川の音なんかに使えそうですね。

30:EVからタテ一列
30EVからタテ一列
こっちはタテバージョン。

付属の「ApproximateDistance」は平方根を使わずに高速で2点間の距離を近似する方法をウディタ用に移植してみたものです。
精度を求めるなら普通にSQRTとか使ったほうがいいとは思いますが、ピクセル単位で測るわけじゃないから精度は別にいいかなと思ってこっち使ってます。軽いですし。1コモンで済みますし。

というわけで是非是非使ってみてください。
近づくほど高い数値を返すコモン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。